ブログ

rss

Ken's Barへようこそ  byケンサン佐久市 大工のケンサン

投稿日時:2016/01/28(木) 19:43

今年もいよいよ始まりました

早速現場かなと思いきや、
新年早々、木の伐採でごわす

カラマツ10本にアカシア4本
おまけに竹300本!

伐採にはプロの職人さんに来てもらい、
ケンサンはお手伝いでせっせと働きます。

子供のころから慣れ親しんだ竹やぶで、秘密基地を作ったりかくれんぼをしたり、
思いのこもった竹やぶではありますが
河川敷の整備ということで、
このたびきれいさっぱりと伐採です。

仕事の最中、散歩をされている方などが
「いやぁきれいになるねぇ」とか
「ここに桜をうえたらどうかい?」とか
行く人行く人、言いたい放題ではありますが、
ちょっぴりうれしいケンサンであります

伐採の最中、スキを見ては薪ストーブにと薪をせっせと我が家に運びます。
数にして軽トラ10台分、
メインのカラマツはそっとはじによせておき、
アカシヤをどっさりいただきます。

そんなこんなで、年末年始からお正月にかけて、チェーンソーのオイルにまみれながら
今年の依田木工の先行きを考え、
不安と希望を抱きつつ、
やさしいドラム缶の火に体をあぶります。


 

今週のケンサン大工のカミサン

投稿日時:2016/01/25(月) 10:59

こんにちは、ケンサン嫁です。

西日本や九州で大雪のニュースを拝見しました。
新潟県長岡市のお友達のところは積雪80㎝だそうです。

佐久は晴天です。


今朝-10℃でしたが、晴天です。

現場からのお空です。


さて、今週のケンサン

三年前、古い蔵を居住スペースに改修工事させていただいた
佐久市臼田のお宅の、母屋の改修をさせていただいております。
蔵の方のブログ記事はこちら



ふっかふかになっていた床を張替え中。




立派な母屋です。



・・・
あれ!?



不思議なものをみつけました。
うちの中にツバメの巣・・・



お話を聞いてみましたところ、

昔々、こちらのお宅の縁側にはサッシが入っておらず(途中からサッシを付けました)
縁側がむき出しに出ていたので(つまり障子を開けるとすぐ外
縁側の上にツバメの巣ができたそうです。

佐久には毎年、春から夏にたくさんのツバメが子育てをしにやってきます。

そしてツバメは毎年、同じ場所に巣を作りに来ます。

それを縁起が良いということで、
サッシが入ってからも大事にとってあるとのことでした。



まず、この佐久地域で、サッシがない時代、
外との隔たりが障子一枚!!laughで過ごされていた先人のみなさまには
頭が下がります。

ですが、ツバメの巣を何年も大事にされている
こちらのお宅のみなさんの
縁起をかつぎながら、動物や自然を大事になさるお心に
ほっこり温まりました。



毎朝氷点下!laugh
寒いですが、
お施主さんへの熱い思いを胸に、
ケンサンは今日も全力で頑張っています。
 

今週のケンサン大工のカミサン

投稿日時:2016/01/20(水) 14:50

こんにちは、ケンサン嫁です。

けっこう降りました。。。
道がつるっつるです。

佐久にお嫁にきて13年経ちましたが
いまだに雪道の運転が怖くて仕方ありません。

いっそのこと、
歩けない次男をそりに乗せて
保育園までひっぱっていこうかと

今朝本気で悩みました。






私事ですが・・・
先日私の誕生日でした。(ちなみに37です)
今までお祝いなどしたことはなかったのですが、
今年は娘が花束を用意してくれ
ケンサンがお酒とお刺身を買ってきてくれ・・・

ずっとずっと会いたかった方々に会え
棟梁とおかみさんにおいしいイタリアンをごちそうになり
一生分のお誕生日を祝っていただいた気分です。
ありがとうございました。




さてさて、こんな雪の中でもケンサンは全力でお仕事をしております!


あまりにも寒いので、ドラム缶の火で暖を取っています。


火の粉であちこち服に穴が開きます。


仕事場です。
作業中、強い風のため
屋根や木の上の
氷や雪がバサバサっとたたきつけてきます。
晴れていますが、けっこう過酷です。

もいっこ作業場をつくるべく、ケンサン寒さに耐えながら日々作業中です。

連休中のケンサン大工のカミサン

投稿日時:2016/01/12(火) 11:45

こんにちは、ケンサン嫁です。


やっぱり寒いです。
暖冬と言いますが、佐久は全然さぶいです。


連休中に地元の「どんど焼き」が行われました。

五穀豊穣、無病息災を願って、だるまさんや書初めなどを燃やします。
その火で「まゆだま」という
米粉で作った団子を
柳の枝にさして焼いて食べます。



竹でやぐらが組んであるので、爆竹感ハンパないです。


まゆだま焼きます。

我が家は、まゆだまとマシュマロを焼いて食べました。



一方、ケンサンと棟梁は・・・


ケンサン。
「コーン、コーン」といい音を響かせて、、、



これ、何をしているかおわかりになるでしょうか?
ケンサン「手斧(ちょうな)」をかけております。



そして棟梁。


「自治会長」の棟梁。
ちょっとわかりづらいですが、環境整備中です。
風邪が長引いているのに、寒空の下、もくもくと整備中。


環境整備の一環として、
職人さんたちに、カラマツの伐採をしていただいております。
大きなカラマツが倒れる瞬間は、恐怖すら感じるすごい迫力です。


メキメキメキメキ、、、


バリバリバリバリ、、、、



ドゴーン!


うまくとれていませんが、最後は水しぶきと重い地鳴りのような音が響きました。

木が倒れるのはほんの数秒ですが、切り始めるまでに小一時間、念入りに準備をされていました。
大きな木の伐採は、安全に配慮して、綿密に計算された技がいるのだと学びました。
何事も、下準備は大切ですね♪

寒くても、祝日でも、ケンサンは全力で腕を磨き、お仕事に励んでおります!
 

今年もよろしくお願いいたします大工のカミサン

投稿日時:2016/01/07(木) 10:12

こんにちは。
ケンサン嫁です。

昨年も大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

年末にケンサンの大切な大切なおばあちゃんが亡くなり、
喪中のため新年のご挨拶は控えさせていただきます m(__)m

ケンサンが小さいころ
毎日一緒に、再放送の「北斗のケン」を見ながら
「健司な、いつかこういう時代が来るだよ。」
と諭していたおばあちゃん。

黒飴と味噌パンとコロッケとカップラーメンが大好きだったおばあちゃん。

晩年は、ケンサンにしか爪を切らせなかったおばあちゃん。
ケンサンの胸にはたくさんの温かい思い出が詰まっています。

悲しみを乗り越え、
新たな誓いを胸に、
今年もケンサンは全力でお仕事を始めております!

仕事始めの日に、
シートベルトで警察につかまっても、
なんてことありません。
(捕まったそうです)

年末は私の実家で過ごさせていただきました。
明石のアメ横テキな「魚の棚」で明石焼き食べてます↓


本年もケンサンのお仕事にご期待ください!
そして「大工のケンサン」ブログファンの方々のためにも、
まめに更新するよう、ケンサンのお尻をたたきますので、
どうぞご期待ください♪
住宅業界ニュース
新商品紹介