ブログ

rss
次へ>>

西向く侍(-_- )佐久市 大工のケンサン

投稿日時:2012/11/30(金) 21:38

先日…現場で霜柱を発見!!(゚Д゚)









もう冬なんだ…






心にしみる冬の寒さを 実感しながら



本日の仕事の段取りを組み立てる…






最近の冷え込みでコニシのボンド達は思うように言うことを聞いてくれない(>_< )









いよいよ仕上げの段階に入った近所の現場は

よりいっそう緊張感が増し







ピリピリとした空気が辺りを包み込む(゚o゚;










これまた何とも言えない心地よさ!!(`Д´)








やっぱり多少の緊張感はイイデスネイ(●´∀`●)









本日のアップ画はリュウタロ先生( -_-)







お出かけ先で眠気に耐えきれず昇天( ´艸`)








やつはどこででも寝られます( ̄○ ̄)

ノボレンジャー(*`Д´*)佐久市 大工のケンサン

投稿日時:2012/11/27(火) 23:09

昨日の夜の雨が







朝方氷となって道を覆い尽くす!(-_- )







危険きわまりない本日の道!!!













我が家のトイレにもあったか機能が発動し





油断せずとも


便座へ安心して座れるようになりました( -_-)







コタツも必要最低限での使用が認められ








みんなでコタツの魅力に翻弄されて
コタツムリに変身(ノД`)













先日…ナナミンが風呂から出た直後行方不明に…







数分後コタツの中で






干からびる直前のナナミンを発見!!!!(>_< )






リュウタロもコタツに鎖でつながれたらしく




言うことを聞かなくなり



フットワークが重くなりました( ̄○ ̄)












下のアップ画は先日コタローのリハビリで訪れた
伊勢崎の公園です!(*゚▽゚)ノ











町自体がお金持ちのようで……(´_ゝ`)









かなり豪華な公園でした(o_ _)o








我が町
佐久市もこんな公園があったらなあ( -_-)

最後の希望(>_< )佐久市 大工のケンサン

投稿日時:2012/11/26(月) 12:40

日曜日…









コタローの未来を明るくするべく










伊勢崎へ出かけていきました(>_<)ゞ









特殊なプログラムによって








人間の普段使われない脳細胞を




目覚めさせるためのトレーニングです( -_-)










道中のサービスエリアで リュウタロが隣の車へ傷を付けてしまい……






保険のお世話に……







正直…怒るわけにもいかず(`ε´)









ケンサン…カミサン…







かなりテンションが下がりました(T^T)






なんとか目的地へ!!!(゚Д゚)





待っていたのは、





スタッフのみなさんと マーガレットさん(*゚▽゚)ノ









通訳してくださる方2人!!(^_^)







午前11時から午後6時まで……








ハードなプログラムに最後にはコタロー…








マーガレットさんに顔もあわせず…






人見知りをしないで困っていたんじゃ……( -_-)







とにもかくにも……








できるだけのことはしてあげたい(・_・、)









コタローが将来 一人で生きていけるように……









そして 退屈な1日を我慢して過ごしてくれたナナミン!!!リュウタロ!!!







本当にお利口さんでしたヾ(≧∇≦)









今回を通じて



親として真剣に家族を思う気持ちに


向き合うことができました












家族の大切さ…

日本刀の心( ´艸`)佐久市 大工のケンサン

投稿日時:2012/11/20(火) 22:56

その昔…




ケンサンは坂城の刀匠宮入さんの元を訪ねたときがありました……(>_< )









宮入さんその節は大変お世話になりました(>_<)ゞ








下の文章はWebからの張り付けであります( -_-)









許してくださいまし_(_^_)_






























菊一文字(きくいちもんじ)は新撰組沖田総司(おきたそうじ)が使ったといわれる刀だ が、

現実には菊一文字(きくいちもんじ)は存在しない。

実際には則宗(のりむね)と呼ばれる




(福岡一文字派の刀工がつくった、日本刀、一文字 則宗(いちもんじのりむね)という刀をモデルに創作された幻の刀が菊一文字(きくいち もんじ)である。




このモデルになった則宗は鎌倉時代の人で福岡一文字派といわれる刀工の祖であるが、

後 鳥羽上皇の御番鍛冶
(後鳥羽上皇に召されて、1か月ずつ院の御所に上番した諸国の刀 工。何人かいる)を務めたことから、




後鳥羽上皇が定めた皇位の紋である菊紋を銘に入れ ることを許されたひとであった。






そのため、「一文字」に「菊」の言葉が付け足され菊一 文字(きくいちもんじ)という名前ができあがったようだが、



菊一文字と言う銘の刀は実 際には存在しない。



現存する則宗の刀の中に菊の銘のはいったものは確認されていないの である。


後世の人々が御番鍛冶の筆頭を務めていた則宗だから菊文を切ったに違いないと考えた為 に、


則宗の刀が菊一文字と呼ばれるようになったのではないかと思われる。




沖田総司は実際に菊一文字をつかったか?


鎌倉時代の則宗の作であるが故に、


一文字の刀は江戸時代では既に年月を経て美術品とし て扱われており、


幕末では国宝級の価値で扱われていた。



故に沖田総司使用の刀として知 られてはいるが、




実際には既に高価値になっていた菊一文字を



一介の武士であった沖田総 司が持っていたとは考えにくく、記録文書などから


沖田は「加州清光」(かしゅうきよみ つ)という刀をつかったという記録がある事から、

菊一文字を沖田が使ったというのは創 作である可能性が高いとされる。

おっとっとのトトマルゲットヾ(≧∇≦)佐久市 大工のケンサン

投稿日時:2012/11/20(火) 22:16

巷では出現確率8000000分の1♪♪♪♪( -_-)










おっとっとのととまる…





巡り会えたらちょっぴり幸せ♥(>_< )






ケンサン的にはノーリアクション…( ̄○ ̄)




しかしながら…


子供達のリアクションたらヽ(゚Д゚)ノ





ちょっとしたことでも大はしゃぎ♪♪♪ヾ(≧∇≦)




レアなめこが生えたときなんかもう大変!!!(゚Д゚)





『お父さん!!!!お母さん!!!!みてみて!!!!!』
『マサルが生えたよ!!!!!』








なめこ栽培のマサル…






もうなめこなのかすら怪しい……( -_-)






まあ……どうでもいいですが…







ケンサン本日の仕事内容…





和室の廻り縁…(ーー;)






ちょいと洋室の廻り縁とは違い…





スライドっていう機械でトメ形に一発で切るわけにはいかんのですよ(`ε´)



なんて説明したら……







文章では説明しづらい……









なんせ全て手作業!






しかも三尺真っ角の天井…







ボードは張り込んでしまって…逃げがない……(ーー;)







多分……大工さんなら分かります……






しかも材料は杉…








へっぽこ鑿じゃ切れません……(・_・、)





てなわけで
マニアックな投稿ゴメンナサイヽ(゚Д゚)ノ
次へ>>
新商品紹介