ブログ

へっぽこケンサン

rss

大工にまつわる怖い話

[幽世の住人たち] 投稿日時:2015/06/23(火) 21:24

今回はケンサンの実体験!( *´艸`)

この話は大工になりたての頃の話です(´・ω・`)

いつものように仕事を終え
家に着くと
現場に携帯を忘れてしまったことに気づいたケンサン!!

時計を見ると
21時を回ってる"(-""-)"

別に明日まで我慢すればいい話・・・

しかしこの日に限って妙に携帯のことが気になってしょうがない

しぶしぶカミサンに
「ちょいと現場まで行ってくるわい」
ケンサンは現場へ車を走らせた

現場に着いたころには22時を過ぎていた

季節は梅雨時でもあり

シトシトと雨が降っている

あたりは真っ暗

街灯も電気も何もない

しかも現場は

築百年越えの古ーい一軒家
リフォームの現場であるがゆえに
妙に生活感を感じる現場である

昼間の騒がしい現場とは一変して

物音ひとつ立たない今の現場は

まるで別の世界のような感じさえする

充電式のインパクト・・・(ネジを締めたりする工具)
の明かりを頼りに北側の裏口より入る
なんせ真っ暗!!!

インパクトの明かりこそあるものの
その光は一直線的な場所しか照らさず
広く照らしてはくれない

闇の奥行さえ分からなくなる
しかも携帯そのものをどこに置いたのかわからない始末
さすがに築100年クラスになると
何とも言えない雰囲気が恐怖心となる

正直な所お化けや幽霊なんて興味はないし
怖いとも感じません

いつもなら・・・

しかし今回だけは何かが違う・・・


現場に着いた時から視線を感じていた
人なのか動物なのか?

恐怖心からなのか
自ら鼻歌を奏でる
ふふふーん♪
ふんふん♪

普段は怖くないなんていいながら

こんなとこカミサンに見られたら恥ずかしいな・・・

一階を探索するものの携帯は見つからず・・・
その時!!!

気きなれた着信音がどこからか聞こえてくる

「お!カミサンが気を利かせて電話してくれてるんか?」

しかし
これまたどこで鳴っているのか分からない
静かに歩き回りながら音の出所を探す・・・

どうやら二階?

階段を目指す
まさにその時!
ケンサンの目の前を黒い影が横切る!
確かに見た!
慌てて明かりで影を追いかける
猫?
たぶん猫?
絶対猫!!
心でいい聞かし
無理やり猫と決めつける!!
ドキドキしながら二回へ上がるものの
唯一の頼りだった着信音はもう聞こえない

二階にあるのは間違いない!

現場についてからかなりの時間が経つ
早く見つけて帰りたい・・・

しかしどんなに探しても見つからない携帯

ダメダメ!
明日にしよう!

逃げるようにして現場を立ち去る
その立ち去り際に
庭から二階のサッシへ明かりを向けてみた・・・
そう・・
ちょっとした好奇心だったのかも・・
なぜそんなことをしたのか
いまでもわからない







そこに映し出されたものは






201506232241_1-500x0.jpg





上の画像は冗談です

特に何もいませんでした。



車に乗り込み
家に帰る途中
ふと助手席を見ると探していた携帯があるじゃないですか!!


なんのこっちゃ!
今までの苦労はなんだったなんて思いながら
とんだ骨折り損な・・・

ん・・・
ん?

じゃあ現場で鳴っていたあの着信音・・・

確かに聞こえた着信音・・・

あの音ってなんだったん?

急に寒気がしだし

何気なしに

バックミラーを見た



201506232241_2-500x0.jpg












なんせ夜の現場は恐怖!!





 

大工たるもの   ネットからの拾ってきました

[幽世の住人たち] 投稿日時:2015/06/23(火) 21:05

彼は、爺様の代から続いた三代目の大工である。
そんな彼の父親である二代目師匠は先日、職場で亡くなられた。
肉親という感覚以上に、師匠として父親を非常に尊敬していた彼は、
暇を見つけては、初代と二代目が眠る墓によく墓参していたという。


その日は上棟の翌日で、「現場で滞りなく工事が進みました」との報告を兼ねての墓参だった。
よく晴れた昼時。念入りに掃除をし、お供え物を並べ、手を合わせていると、不意に生臭い空気が流れてきた。
師匠への報告の途中だったので、気にしないようにして手を合わせていると、
「ヒャハハハハハハ!」と甲高い、女のような赤児のような笑い声が背後から響いた。
墓参を邪魔する不逞の輩に怒りを感じた彼は、カッと目を見開いて思わず振り向いた。


そこには誰もおらず、生臭い空気が一層濃く漂っているだけだった。
まったく・・・墓前に向きを戻した時、彼は息を呑んだ。
猿のような体に、目のつり上がった女の顔を持つ奇っ怪な者が、
墓石の上に座り、真っ赤な歯を覗かせて笑っていたというのだ。
彼は激しい怒りに身を震わせ、「どけや!!!」とその者のスネに拳を叩き込んだ。
かすかに手応えを感じたが、その者はパッと消えた。
呆然としていると、またも背後から笑い声が。
彼が振り向こうとした瞬間、「振り向くな!」という二代目の声が聞こえたという。
彼はハッとして、ただ黙って手を合わせ始めた。
脂汗をかきながら一心に手を合わせていると、いつの間にか生臭い空気は消えていたという。


車に戻った彼は携帯を取りだし、見知った神主に連絡を入れた。
『よう!地鎮祭かい?』
呑気な神主の声を遮るように彼は叫んだ。
「奥津城(神道のお墓)の上に化け物が座ってた!すぐお祓いしてくれ!」

それから日も空けずにお祓いが行われ、それ以来何の怪異もなく無事に済んでいるという。
神主は「いい師匠を持ってよかったね。あの時振り向いていたら、今頃あんたも此処にいたかもね」と、
綺麗に手入れのされた奥津城を眺めていたという。

化け物に遭遇した日、帰宅した彼が奥さんや子供に隠れて、小便にまみれたズボンを洗ったのは内緒の話らしい。
馴染みの飲み屋で彼が言う。
「40近い男が情けねえ。今度遭ったらあの野郎、タダじゃおかねえ!」
また遭ったら困るだろうに・・・と思いながらも、また小便のついたズボンを洗う彼の姿を想像すると、
私は思わず笑いが込み上げてきた。

玄関から出てきた若い女の人   これはネットからの拾い物です

[幽世の住人たち] 投稿日時:2015/06/22(月) 00:54

 

私が小学生の頃の話です。
私の父は、左官で、新築の家がまだ骨組みで大工さんたちが作業をしている間、庭になる部分を大きな石や、小石などを配置の簡単な下準備をするために休日に仕事へ行くことになりました。
仕事はそのような簡単な作業だったからと思いますが、めずらしく「○○ちゃんもついてくる?」と誘ってくれました。
私は休日が嬉しくて早起きしたものの、誰か友達との遊ぶ約束もなく朝からすでに退屈していたので喜んでついていくことにしました。
現場は車で1時間ほどの、周りは田んぼや小さな畑があり、裏は雑木林の山のふもとという場所でした。

その集落には家が10軒ほど建っていますが、田舎なこともあり、町とは違ってお隣さんといっても、あぜ道や小川を挟んだ感じにゆとりを持って並んでいます。
現場の新築の家は二階建てで、もうそろそろ新築のお祝いの持ち蒔きが出来そうでした。
(地方の慣わしでしょうか?この地方では家を建てると、お祝いにまだ骨組みの段階で屋根の部分から下に集まった近所の方々へお餅を蒔きます)
父が庭の部分にリヤカーで石を運ぶのを手伝い、仕事がひと段落すると、私も子どもですから、じっとはしていられなくなり、庭の周辺をうろうろしたり小川に小石を投げたりして遊んでいました。

お昼になり、持ってきたお弁当を広げて父と食べました。
上で作業をしていた大工さんたちも、降りてきて各々弁当を食べていました。
うちの父は今日の仕事はすんだから、ご飯を食べたら帰ろうか、と帰り支度を始め、大工さんたちも再び足場に上り作業に取り掛かり始めた時のことです。
小川を挟んだすぐ先のお隣の家の玄関が大きな音を立てて開いたので、自然とみんなそちらを向いたと思います。
次の瞬間、すらりとした、若い女の人が飛び出してきました。

その娘さんは、テレビの中にも見たことのないような、ましてやこんな田舎にはそぐわないような、すごい美貌なのですが、長い髪を振り乱して、
言葉にならない何かわけのわからないことを喚きながら、裏の山のほうへと走っていったのです。
のどかな田舎のゆったりとした昼下がりに、突然の鮮やかな出来事で、皆しばらくあっけに取られてしまいました。
完全にその娘さんが見えなくなってから、皆ぽつぽつと、「怖いくらいに綺麗な人だったね」「一体何事だろうか」と話していると出かけていたらしい、隣の家のおばさんが歩いて戻ってきて、「こんにちは」とこちらに声を掛けたので、父は「お宅の娘さんはすごい美人さんですね」と言うと、おばさんは怪訝そうな顔をして「うちに娘はいませんよ。」と言いました。

それを聞いたみんなは無言で息を飲んだと思います。
子どもながらに私もゾクッとしたのを覚えています。
ではあの若い女性は誰だったのでしょう?
あとで新築の家の持ち主さんに父が聞いた話では、その集落の裏山には御狐様を奉っているので人間の姿に化けて出たんじゃないか、とのことでした。
真相はわかりませんが、人とは思えない程の美貌でしたので、素直に納得したのを覚えています

そこに棲むもの

[幽世の住人たち] 投稿日時:2015/06/22(月) 00:18

決して軽い気持ちでは
この陰陽師編を閲覧してはいけません
先に忠告をしておきます

このブログはケンサンが実際に体験した

身の毛のよだつ

話でゴザイマス

建築現場では
色んな場所がございます

新築だったり
リフォームだったり
築数年から
100年だったり

土地だって
さまざまな歴史やいわれがあります

風水や家相・・・

鬼門や裏鬼門

古の大工たちが
決して表舞台には出すことのなかった
幽世の者たちとの戦い

施主さんの幸せを心から願い励んだ家づくり

どうか忘れないでほしい