ブログ

大工のカミサン

先月と今月のケンサン@佐久

投稿日時:2018/10/08(月) 22:40rss

こんにちは ケンサン嫁です。

秋の空になってきました。
比較的まだ暖かい日が続いており、
私としては大変ありがたい毎日です。


こちらは地区の敬老会で
中学校の吹奏楽部が演奏披露しているところです。
我が家の娘もこの中におります♪

おかげさまで、マーチングコンテストの県大会で
金賞を受賞し、東海大会へ出場することとなり
全国大会目指して、毎日必死で練習をしております。

今年の秋は子供たちを応援する機会が多く、
応援や送り迎え等忙しくはありますが
親としてはこんなに幸せなことはないなあと
ありがたい気持ちでいっぱいです。

次男は入学して初めての運動会です。
学校からご配慮いただき
かけっこは
みんなより少し前からのスタートです。


よーい どん!!


もう嬉しくてしょうがない様子の次男。

まだ勝ち負けを意識するほど
の精神年齢にはいたっておりませんので
とにかくみんなと一緒にかけっこができることが
嬉しくて嬉しくて
満面の笑みで走っておりました。


長男も次男も
いつもよりたくさん
お弁当をもりもり食べ
嬉しい運動会でした。

一日ぐずらずに参加できるなんて
夢にも思っておりませんでしたが
支援の先生方のおかげさまで
ぐずることなく
親のところにくることなく
全ての競技に参加できました。
先生方には、事前に会議を開いていただき
あらゆる場面でご支援をいただき
本当に感謝しております。

中学校の文化祭では
娘の作文が学年の代表に選ばれ
全校生徒の前で発表しました。

タイトル「障害とは?」

娘自身が
次男が生まれるまでに
障害がある人に対して抱いていた想い、
次男が生まれ、
障害者の家族として
自分の目で見て感じてきたこと、
今の自分の想い、
今自分が抱いている願い
等ををなんの恥じらいもなく
堂々と話しており
すごい勇気だなぁと
圧倒されました。


さてさてさて、
更新期間がどんどん広くなってきておりますが
依田木工は営業しておりますよ!!

今依田木工では、
老朽化してきた作業場が
いよいよ限界になって、

春から新しい作業場を着工し
現場の合間に作業をしながら
少しずつ進めております。

堅いカラマツの桁に
くにちゃんが手鉋をかけています。
八寸角の大きな柱ですので、
普段より大きめの「ホゾ穴」をあけております。


そしてその「ホゾ」を
ひろしくんが手鋸を引いて加工しております。

職人の腕の見せ所です♪

棟梁は
「地域の方が集まれるような場所も提供したい」
と、息まいております。
さて、どんな作業場になるか
こうご期待です!


今回、ケンサンの写真はありませんでしたが
こちらの写真で代用を・・(笑)

ケンサンが愛してやまないケンシロウ。
なんと佐久市ではこの「北斗の拳バス」が
市内を巡回しております。
裏側にはラ王様もいらっしゃいます。
是非、ケンシロウに会いに佐久にいらしてみてくださいね♬

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード: